お知らせ

2022.5
コラムを更新しました。

今月は、今年草加支店から本社勤務となった松田が書きました。
見た目は寡黙ですが、実はアクティブな男です。
どうかよろしくお願いいたします。

2022.4.1
社長の独り言、アップしました。
2022.3
社員のコラム更新しました。
今月は営業部の中村が書いてくれました。
何事も健康第一でなければなりません。そのためにもバランスの良い食事は大切なことです。中村本人は食生活の大切さを意識しているようで感心するのですが、しっかりバランスよく食べてるか心配は尽きません、、、💦
 
2022.2
社員のコラムを更新しました。
今月は鈴木課長が担当しました。
埋蔵文化財について書いてくれました。
足立区には伊興遺跡公園という場所があります。
足立区にはたくさんの分野の魅力ある場所があります。
2022.1
社員のコラムを更新しました。

今月は営業部の大塚がテニスのことを書いてくれました。
ちょっと大きめの大塚ですが、初心者とは思えないほどの
機敏で上手です。
皆さんの前でも機敏な行動を取っていることと思い(願い)ます。

2021.12.24
社長の独り言。アップしました。

2021.11.5
SDGsのページを作成しました。

丸三興業はSDGs及びエコアクション21を通して、ゆとりある豊かな環境に配慮した、社会に貢献できる企業づくりを行ってまいります。

2021.10.20
エコアクション21とSDGs

エコアクション21の更新審査に無事合格し、13年目に突入します。今回から登録認定書にSDGsのマークが付きました。

丸三興業も持続可能な開発目標を目指し、環境問題にしっかり取り組んでまいります。


 
ファイル  2021エコアクション 登録証.pdf

ダウンロード


2021.10.1
車両台数変更
一般廃棄物汚泥車両の2tバキューム車
産業廃棄物汚泥車両の2tダンパー車等追加しました。
天井の低い場所にある排水槽や小回りが必要な場所にある仮設トイレや浄化槽など、作業範囲が広がりました。

ご用命は本社営業まで。お待ちしております。

 
ファイル  DSCN6910.pdf

ダウンロード


ファイル  conv1268.pdf

ダウンロード


2021.10.1
社長の独り言、アップしました。

2021.9
コラムを更新いたしました。
今月は営業の中村が書いてくれました。
地域貢献を大切にする丸三興業の考えを
しっかり理解してくれている若き営業。

知識も向上しつつ、人間味も温かい中村の
コラムをぜひご覧ください。
2021.8.27
社長の独り言、アップしました
2021.8
コラムを更新しました。
今回は業務部 鈴木が担当いたしました。
関東のふれあいの道を書いてくれました。

私も高尾山は何度も登ったことがありますが、
ふれあいの道という言葉は知りませんでした。
今後の登山の検討事項にしたいと思います。

 
2021.8.2
社長の独り言、始めました。

私(本野)のコラムはここに全て載せ、不定期に掲載させていただきます。

2021.7
コラム更新しました。
今回は、営業部の大塚が書いてくれました。

パソコンとかアプリとかに詳しい大塚ですが、
園芸にも詳しい優しい心の持ち主でもあります。

土の入れ替えの時も私にやらせず全部仕切ってやってくれます(笑
2021.6
コラム更新しました。
今月は営業部部長、亀田が書いてくれました。

公園の仕事を担当する亀田。公園と言ってもそれぞれ特徴があり、いろんな風景があります。

いつも笑顔で事務所に戻ってくる亀田。日々時間に追われて疲れた体をきれいな公園からの夕陽を見てリフレッシュしてから帰社しているからかもしれません。
2021.5
コラムを更新しました。
今月は業務部の杉浦が書いてくれました。
いつも笑顔を絶やさず、事務所内を明るくしてくれる杉浦ですが、こんな一面もありました。

ワークライフバランスの認定企業として、照明の明かり等意識していこうと思います。
2021.4
コラムを更新しました。
今月は本野が担当しました。
好きな言葉について書きました。
2021.3
コラムを更新しました。
 今月は営業部、中村が書いてくれました。
もちろんテーマは「魅力ある場所、足立区」です。
 足立区鹿浜にある都市農業公園を紹介しています。
私も桜の時期に何回も行きましたが桜の時期はおすすめで、子供が小さい時には芋ほりや大根の収穫体験など、良い思い出がたくさんある場所です。
 コラムを読んで、是非出かけて(感染予防をして)みてください。
 
2021.2
コラムを更新しました。
今月は業務部の鈴木課長が書いてくれました。
「落とし物」についてですが、弊社にも関係します。
過去には就活中の大学生が仮設トイレにスマホを落としてしまい、緊急で拾い上げたこともあります。内定の連絡があったらと大学生は心配していたそうです。親と一緒に立ち会って作業を見守り、無事スマホがあったときは、弊社社員はとても感謝されました。
 鈴木課長の過去の経験もあり、興味深い内容になってます。