SDGs

SDGsへの取り組み

「SDGs」(持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットにおいて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された国際目標です。
「SDGs」は、途上国のみでなく先進国を含めた、環境、経済及び社会について2030年をゴールとする世界共通の道しるべになります。
「地球上の誰一人として取り残さない」ことを理念とし、人類、地球およびそれらの繁栄のために設定された行動計画であり、17のゴール(目標)と169のターゲット(達成基準)で構成されています。
丸三興業は、廃棄物処理業者として取り組むべき指針として、17のゴールのうち以下の11項目を積極的に取り組んでまいります。
なお、エコアクション21における社内の取り組みが「SDGs」の行動指針とも合致することから、2021年7月に更新された認定証には「SDGs」のロゴが組み込まれました。
株式会社丸三興業は、経営者のみでなく従業員全てが、同じ方向を向き、新たな経営の形を構築してまいります。